「真夜中のピアニスト」はお金がない・・・
カードローンで借りる手もあるが

○今すぐにでもお金が欲しいと思ったことはありますか?
今はいつもお金が欲しいと思っています。お金が欲しくないということは、まずありません。
お金が天から降ってきたり、ある日突然お金を寄付されたりしないかなと妄想しています。

○それはどのような場合で、どう解決しましたか?
特に急な用事ができて、遠方へ行かなければならなくなった時は、お金がすぐに欲しいなあと思っています。
私は給与が少ないので、移動だけで2~3万円もするような遠隔地に行くのは、生活する上でとても厳しいです。
たとえば新幹線で片道1万円の距離にもなるとかなり負担ですが、さらに駅から遠い場合にはタクシー代金も含めてかなりの金額になります。
そんな移動が複数回あったら、たちまち破産してしまいそうです。
その場所に必ず行かなければならない場合、解決する方法は幾つかあります。
誰かの車に乗せてもらうということであれば、節約できそうです。
タクシーを使わないだけで数千円が節約できますし。しかしこれはなかなか難しいことです。
他にはインターネットの副業をがんばってみたり、自宅のものを買取業者に買い取ってもらって、お金を作るということです。
買取業者を利用することで、わずかに数千円作れるだけでも、生活する上では助かります。

○お金を借りたことはありますか?
銀行カードでキャッシングを利用したことが、一度だけあります。
預金があったので、滞りなくすべて返済しました。
しかしその時の経験があって、お金は高額は借りない方が良いとの考えを持っています。

私がクレジットカードで一番便利だと感じているのは、通販で買い物をした時です。

クレジットカードを持っていなかった頃は、通販で買い物をした時に、現金で決済をしていました。
現金と言うのはどこの買い物でも便利に使えるものですが、通販に限って言えば、決して便利だとは言えないのです。

通販の決済を現金で行うには、コンビニや金融機関からお金を振り込むか、着払いをする必要があります。
しかしどちらにしても手間がかかるか手数料が掛かってしまうのです。
ですから通販で現金決済をするのは、便利とは言い難いのです。

そんな私がクレジットカードを持つようになってからは、現金決済の様な不便は一掃されたのです。
通販をクレジットカードで決済をするようにすれば、手元にお金がなくても買い物ができ。外出の手間が一切いらないのです。

またクレジットカードでしか決済できない通販も利用できるようになり、ますます通販を利用する機会が増えたのです。
クレジットカードは正に、通販の為にあるようなものだと、私は思っています。

丸井で洋服の買い物をしていたところ、店員からエポスカードを作りませんかという勧誘を受けました。

今ならすぐに作れて、しかも割引になるというのです。

エポスカードというのは今まで聞いたことのないカードでメリットはあるのかわからなかったのですが、丸井で買い物をすることもありますし、このクレジットカードは海外旅行障害保険が付帯されているので便利だと思い作ることにしました。
クレジットカードの海外旅行傷害保険

約1時間くらいでカード発行されて、思いがけずクレジットカードが手に入りました。

明日にでもお金が必要になったとしたら、まず考えるのは親兄弟に無心することです。
私には他に財産がないのでそれが一番安全で確実な方法です。
その次はキャッシングなどでお金を借りることなのですが、私自身の収入が低いのであまり大きな額は借りられないでしょう。
それがダメだったら私のなけなしの資産であるパソコンやスマートフォン、書籍などを売ることにします。

それで今考えるそういうお金を必要とする事態というのは、第一に病気・ケガです。
私は健康であることだけが取り得なのですが、だからと言って病気にならないわけはないですし、ケガは関係なくすることになります。
その治療費に当てるだけの貯金はありませんし、収入は生活費出すのでやっとなので自力では払えないでしょう。

そういう状況で良しとするのはまともな大人ではないので、今はネットビジネスに挑戦して収入を上げようとしています。
それはすぐに結果が出るものではないので、成功する前に病気・ケガになれば上記の通りにするしかない状況なのでした。

明日お金が必要なときにあると便利なカードローンを紹介

お金を借りる理由は何かをするためにはお金が必要ですし、時間を買うためにお金を使うためなんだと思います。

私は今弁護士を目指して法科大学院に進学し、勉学に励んでいます。

やはり問題となるのは、もちろん学費もありますが難関資格である司法試験に合格する必要があり講義についていくのにみ精一杯であるためアルバイト等の時間も満足に取れません。

そこで私は日本学生支援機構からの無利子奨学金と大学独自の奨学金を合わせて併用して借りることでなんとか生活しています。

なぜ、これらの併用をしたのかというとまずこれらの奨学金は成績に応じて免除や大学独自の奨学金には給付型といわれる返還の必要のないものがあるためです。

また、片方の奨学金を大量に借りるときはどうしても有利子なものになってしまいますが、比較的小額であっても無利子なものを2つ借りることができたほうが返済のときにも楽なことも理由になります。

今が大事だからこそ私はお金を借りています。

お金の悩みというのか四月から消費税が増税されるものの、給料のほうはまったく上がる気配がないことが悩みです。消費税が増税されるとそれにともない光熱費や学費、保険料、そしてガソリン代なども値上げされます。そうして世の中のものはどんどん高くなっていき、一度値が上がってしまうと下がることはほとんどないだろうと思うので、せめてその値上がりにともなう分だけでも、給料が増えてくれればと思います。

またそういった生活が続くと、給料日前にはいつも家計は厳しくなってきます。そうなると給料日までを指折り数えて待つこととなります。
ただ生活費が足りなくても、給料日までもうすぐだという程度であれば、お金を借りるという選択肢はありません。結局借りたら返さなくてはならないので、それくらいなら何とか我慢していようと思ってしまいます。

それでもどうしても足りないという時には、まずは身内に相談をして必要最低限のお金だけを借りると思います。

私は一人で生活した時に、会社の都合で一か月分だけ給与が支払われないことを責任者から言い渡されて、一か月分は無給で生活しなければならなくなった時がありました。

その際に親に頼んで、一か月分の給与の半分だけ仕送りとしてお金を借りることになりました。

親も生活に逼迫していたので、半分しか借りられませんでした。

一か月分の給料がなければ生活できなかったので、友人や知人に対して必死になったお金を借りる経験も行ったこともあります。

結果的には借りられたので、信用を持ってお金を返しました。